複合機が持つ秘めた実力で、会社を強くするためには

プリントアウトする装置としてしか複合機を使わないのは、実はもったいないことなのです。文書のデータ化、情報共有の起点となる「複合機」の活用方法とは。

[2016年12月16日公開]

「複合機が持つ秘めた実力で、会社を強くするためには」の動画をご紹介します

この動画は音声が含まれます。再生時は音量がオフになっています。再生中に動画プレーヤーの音量を調節してください。[動画再生時間:1分19秒]

この動画の内容をテキストでご紹介

――1分で分かる複合機活用――

コピーはもちろん、ファクスやプリンターなどさまざまな機能を1台に兼ね備えた複合機。あなたはただ紙の出力だけに使っていませんか?

スキャン機能と社内サーバー、クラウド、iPadなどを連携させれば、文書をデータとして扱うための総合的な出入り口に生まれ変わります。

紙の情報は、物理的な共有なくしてほかの人が使えません。紙の情報、ファクスも共にデータ化し、ペーパーレスでやりとりすることで情報の共有が図れ、社内業務が円滑になります。

また紙の文書は、情報漏洩の大きな原因ともなりえます。プリントやファクスの内容を記録することで文書を適切に保護しましょう!

個人認証装置と一緒に使えば、無駄も危険もさらに減らせます! セキュリティに配慮した文書管理で情報共有をすすめ、会社を強くしませんか?

複合機活用のことも、大塚商会にお任せください。

お客様にお勧めの資料

ナビゲーションメニュー

いまどきのIT活用・導入事例

即効! ITライブラリー

「資料」を検索