ペーパーレスファクスで安全にコストを削減する方法

メールのように、ファクス文書も外出先のタブレットで受信できれば、大幅な業務改善効果が期待できませんか? 機密保持性アップとコスト削減にも効果アリ!

[2016年12月16日公開]

「ペーパーレスファクスで安全にコストを削減する方法」の動画をご紹介します

この動画は音声が含まれます。再生時は音量がオフになっています。再生中に動画プレーヤーの音量を調節してください。[動画再生時間:1分44秒]

この動画の内容をテキストでご紹介

タブレットの普及で、ファクス文書の利用シーンも広がっています。ファクス文書をペーパーレス化することで、これからご紹介するようなさまざまな効果が得られます。

成功させるポイントは、ファクスの一連の作業で操作しやすい環境にすることです。それぞれのポイントを見ていきましょう。

ファクスをペーパーレスにするだけで、用紙代の削減、情報漏えいによるセキュリティ対策が可能になります。

受信ファクスは自動で相手先や日付別に振り分けることができます。また、外出先でファクスを確認できればタイムリーな対応も可能です。

パソコンへはポップアップ通知で受信ファクスをお知らせ、ファクスを気にせずにすむため、業務に集中できます。

また、受信したファクスをそのままパソコンで編集できれば、手書きで書き込む手間が省けます。そして、ワンクリックで相手先の番号で返信することで、作業効率アップ、送信間違いを防げます。

共有文書として、幅広い検索ができれば探す手間も省け、急な問い合わせにも迅速に対応できます。

ポイントをおさえ失敗のないファクスのペーパーレス化を実現しましょう! ペーパーレスファクスのことも大塚商会にお任せください。

お客様にお勧めの資料

ナビゲーションメニュー

いまどきのIT活用・導入事例

即効! ITライブラリー

「資料」を検索