業務連絡に「テキスト+音声+動画+α」を使いこなす

電話・メール・会議などのコミュニケーションを高度に統合し、場所やデバイスの制限を取り払ってコミュニケーションを図れれば、何が起こるのでしょうか。

[2016年12月16日公開]

「業務連絡に「テキスト+音声+動画+α」を使いこなす」の動画をご紹介します

この動画は音声が含まれます。再生時は音量がオフになっています。再生中に動画プレーヤーの音量を調節してください。[動画再生時間:4分57秒]

この動画の内容をテキストでご紹介

「シスコ ユニファイドコミュニケーションツール」のご紹介
――ユニファイドコミュニケーションとは――

「シスコ ユニファイドコミュニケーションツールのご紹介です」
「よろしくお願いします」

「このユニファイドコミュニケーションという言葉を非常に最近耳にするんですけれども、あらためてどういった意味なのか、ぜひ教えてもらいたいと思います」
「はい。これまでは電話は電話とだけのつながり、テレビ会議はテレビ会議だけとつながるといったそれぞれ個別のコミュニケーションが行われてきました」

「はい、確かにそうですね」
「これからはユニファイド、つまり統合されたコミュニケーションということで…」
「これを統合していくかたちですか…」

「はい。電話からテレビ会議システムへ。例えば、外出先からスマホを使ってWeb会議に参加する、そういった個別のコミュニケーションをシームレスにつないでいく、そういったコミュニケーションが求められるようになっています」

「確かにその通りですよね。統合のメリットというのはどのあたりになりますでしょう?」

「はい。情報交換が非常に効率化されますので、企業の意思決定が非常に速くなると、そういったメリットがあります」
「なるほど」

シスコUCの特長

「シスコならではのユニファイドコミュニケーションツールのこの差別化というのはどのあたりになるでしょう?」

「はい。いくつかのメーカーからコミュニケーションツールというのを提供されているのですが、シスコの特長は、何と言っても一つのメーカーで全てのコミュニケーションツールを提供していると、このことに尽きるかと思います」

「なるほど。ということは、こちらにも今ございますデバイスですね、こちらがやはり、その…」

「はい、電話機ですとか、TV会議システム、そしてWeb会議システム・ビジネスチャットといった全てのツール、加えてネットワーク機器、その部分までですね、シスコが提供しているということになります」

「なるほど。ということは、それぞれに何かアップデートがあったりした場合にも全て連携できるかたちになるんでしょうかね?」

「おっしゃるとおりですね。こちらがバージョンアップしたから、こちらがつながらなくなってしまった、というようなことが非常におきにくいですので、管理者、運用管理者としては非常にメリットがある選択になると思います」

「さらにそれは、企業の安心につながるということになりますよね」

まずは「UCスタータープラン」から

「シスコ ユニファイドコミュニケーションツールを始めてみようという方がですね、どういったかたちで入っていきましょうか?」

「はい。大塚商会ではこれらコミュニケーションツールの中からですね、Web電話帳による在籍確認、そしてビジネスチャット、そしてWeb会議、この三つをUCスタータープランとしてご用意しました」

「なるほど。こちらが大塚商会のオリジナルということですね」
「はい。やはりこういった電話機ですとかテレビ会議システム、こういったものを全ていっぺんに入れ替えるとなると、非常に大きな規模にもなりますし、コストも馬鹿にはなりません。

ですので、今の環境に影響なく導入することができるクラウドを中心としたプランになっています」
「嬉しいですね」

「これを導入することによって、特に外出先での業務効率化に貢献できますので営業力を高めたいお客様には非常におすすめです」
「なるほど! よく分かります」

BYODにも適用

「シスコ ユニファイドコミュニケーションツール、こちらとくに外出先で高い効果を発揮するというお話でしたけれども、外出先ですとスマートフォンのデバイス、BYODもかなり進んでおります。こういったものへのセキュリティなどの対策というのはあるのでしょうか?」

「はい。BYODで大切なことは、まず1つ目として端末にデータを残さないということですね。そして2つ目が、個人の通話料に負担にならないこと、これが挙げられます」
「そうですね」

「UCスタータープランの中でご紹介しています、Web電話帳。これは電話帳データを端末に残しません」
「なるほど。これもセキュリティですね」

「そして、コールバックという仕組みを使うことで、ワンタッチで会社が通話料を負担して電話をかけることができます」
「個人にはかからないということですね」

「はい。BYODにまさにうってつけのツールとなっております」
「なるほど。こうしたBYODのデバイスも含めて、ビジネス上のコミュニケーションを全て統合した非常に理想的なかたちのツールということですね?」

「はい。ぜひ大塚商会までご相談ください」
「はい」
「どうもありがとうございました」

お客様にお勧めの資料