賢い照明制御で電気代を下げる、その方法とは

外す、間引くといった消極的な節電とは決別しませんか? 働きやすい環境を整え、残業代の削減にも一役買うスマートな電気代の削減方法をご紹介します。

[2017年 2月28日公開]

「賢い照明制御で電気代を下げる、その方法とは」の動画をご紹介します

この動画は音声が含まれます。再生時は音量がオフになっています。再生中に動画プレーヤーの音量を調節してください。[動画再生時間:2分37秒]

この動画の内容をテキストでご紹介

――LED&BEMS――

インタビュアー「こちらは、LED・照明制御・新電力で電気代を大幅削減のコーナーです。よろしくお願いします」
大塚商会「よろしくお願いします」

インタビュアー「非常にタイトルで分かりやすいコーナーですが、概要から教えていただけますか?」
大塚商会「電気代の仕組みというのは、基本料金と使用料金の二つで成り立っています。その基本料金を新電力で下げて、使用料金をLEDと照明制御を使って下げる、そういったプランのご提示をしております」

インタビュアー「なるほど。これにより照明を制御していくということになるわけですね?」
大塚商会「照明コストを主にターゲットにさせていただき、よりLEDを効率的に使うための仕組みとして、照明制御といった形で順番にご提案をしています」

インタビュアー「今のトピックというのは、どの辺りに来るのですか?」
大塚商会「ニュースでご覧になられたお客様もいらっしゃると思いますが、いま東京都庁で一斉消灯を行っているのが非常に話題になっています。大塚商会でも一斉消灯の仕組みをご提案できまして、帰るきっかけを作るといったソリューションですね」
インタビュアー「照明を落とすことで、皆さんが帰られるというように意識付けにもこのソリューションが一役買っているということになるわけですね」
大塚商会「はい、もちろんです」

大塚商会「さらに、意識付けだけではなく、『時間内に仕事を終わらせるにはどうしたらいいのだろう?』というような、生産性の向上にまで一役買っているという声を導入されているお客様からは伺っています」
インタビュアー「なるほど、オフィス環境を総合的にご提案されている大塚商会ならではの本当にすばらしいご提案かと思います」

インタビュアー「ぜひ、ご覧になられている皆さんに一言メッセージをいただけますか?」
大塚商会「こちらをご覧になられているお客様におかれましては『電気代を下げるためにどうしたらいいんだろう?』というところがお悩みの方が多いかと思います。特に、何かを止めたらいい、何かをやめればいい、そういった電気代の削減は非常にもったいないかと存じます。基本をしっかり抑えて、新電力やLED、それから照明制御を組み合わせて、『どうしたら効率的に下げられるのか、生産性をしかも下げずに』というところをポイントにしてご提案をさせていただいていますので、ぜひお問い合わせをいただければと存じます。」

インタビュアー「ありがとうございました。」
大塚商会「ありがとうございました」

お客様にお勧めの資料