タブレットとデータの活用でビジネスを強くする

営業の現場をタブレットで支援する方法(電子カタログ、リモートアクセス 情報共有、MDM、Wi-Fi)と、データ活用による企業の成長支援をご紹介します。

[2017年 2月28日公開]

「タブレットとデータの活用でビジネスを強くする」の動画をご紹介します

この動画は音声が含まれます。再生時は音量がオフになっています。再生中に動画プレーヤーの音量を調節してください。[動画再生時間:3分38秒]

この動画の内容をテキストでご紹介

――ITで育つビジネスゾーン 活用する――

インタビュアー「こちらは、ITで育つビジネスゾーン 活用するのコーナーです。大沼さんにお話を伺います」
大塚商会「よろしくお願いします」

インタビュアー「まずは概要からお聞かせください」
大塚商会「こちらはタブレット活用ゾーンです。最新のタブレット端末はもちろん、タブレットに関するソリューション、約20種類を展示しています」

インタビュアー「ビジネスの中でタブレット端末がかなりみられるようになりましたが、どのように活用したらいいか皆さんテーマをお持ちですよね」
大塚商会「よく『タブレットで何をしたらいいの?』と、お悩みごとを伺います。そのお悩みごとを五つのシーンに分けて解決方法をご紹介しています」

インタビュアー「こうした五つの解決方法を紹介いただけませんか」
大塚商会「一つ目は、営業の方がお客様先でプレゼンをする時に使う電子カタログのツールです。こちらを使用することで営業効率がアップします」

大塚商会「二つ目が、外出先から社内に戻らなくても社内と同じように仕事ができて、業務効率を上げることのできるリモートアクセスのツールです」

大塚商会「三つ目が、メールとかグループウェアを確認することができて、コミュニケーション力をアップさせることのできるツールです」

大塚商会「四つ目は、タブレット端末を安全に使っていただくツール、MDM」

大塚商会「そして、タブレット端末の環境整備ということでWi-Fiのご提案・ご紹介をしています」

インタビュアー「タブレットに関わるいろんなお悩みは、ここに来れば解決できるというのがよく分かりました。ご覧の皆さんにメッセージをお願いします」
大塚商会「タブレットに関すること、ぜひお気軽にお問い合わせください。私たち、大塚商会が対応します。」
インタビュアー「今日はどうもありがとうございました」

インタビュアー「ITを活用する、にはもう一つのエリアがあります。村松さんに伺います」
大塚商会「よろしくお願いします」
インタビュアー「こちらはどういった概要になりますか?」
大塚商会「データ活用をテーマに、企業の成長に必要な新しいデータの活用方法を紹介しています」

インタビュアー「どういった方々のどんな悩みを解決しますか?」
大塚商会「企業内外にある多種多様なデータを有効に活用できていない課題をよく耳にします。そういった課題、例えばデータを収集する仕組みが整っていない、集計作業がExcelに頼りがちになっていて気付きが得られない、分析結果を共有する仕組みが整っていないため、迅速な意思決定につながらないなどの声を耳にするため、それらに対するソリューションをご提供しています」

インタビュアー「今お話された悩みを、全部解決に持っていけるということですね?」
大塚商会「そうですね。」
インタビュアー「ありがとうございます。ご覧の皆様にメッセージをお願いします」
大塚商会「データ活用には三つのステップが必要になります。先程のように収集・分析・共有するための仕組みが必要です」

大塚商会「ご興味がありましたらご連絡のほど、よろしくお願いします」
インタビュアー「ありがとうございました」

お客様にお勧めの資料