IoTを利用した可視化から改善プロジェクトへ

工場・物流の現場改善! 仮説の立案と検証は?

IoTを工場・物流現場の改善、施策改善につなげるには、どう利用すればよいのか? データ収集と可視化、情報活用について、手法の具体例を解説します。

[2017年 3月13日公開]

「IoTを利用した可視化から改善プロジェクトへ」:資料概要

動線の最適化や生産改善・設計改善、作業効率向上など、IoTを工場・物流現場の改善につなげるツールとして活用するためのデータ収集、分析・活用、制御の手法を具体的に解説。廉価で実証実験を行い、仮説検証、仮説立案に活用する方法や、IoT活用の際のPDCAサイクルの考え方についても説明しています。

目次(抜粋)

  • IoTで何ができるの? 今回のテーマ
  • 収集と可視化・活用
  • 配信とコントロール
  • 工場での活用では?
  • 物流現場での活用では?
  • 単独でなく複合化した情報として活用する
  • 廉価で仮説検証、仮説立案に活用するには
  • 収集した情報をPDCAサイクルに組み込む

仕様など

形式:
PDF
ページ数:
36ページ
容量:
0.9MB

この資料をダウンロードする(無料)

お客様にお勧めの資料