建設プロジェクトデータの社内外との共有・整理・保管

プロジェクト単位でのデータ管理業務をしっかり支援

建設プロジェクトにおけるデータ管理や情報共有の課題を解決し、スムーズな情報共有を実現するソリューション「楽々CDM」の機能と特徴、事例をご紹介します。

[2017年 3月13日公開]

「建設プロジェクトデータの社内外との共有・整理・保管」:資料概要

建設生産プロセスにおいて社外との情報共有は不可欠で、さまざまな情報共有ツールがありますが、そのデータ整理は煩雑になりがちです。これらの課題を解決し、プロジェクト開始から完了・保管段階までのデータ管理業務を支援するツール「楽々CDM」をご紹介。スムーズな情報共有を実現するソリューションと活用方法も解説します。

目次(抜粋)

  • 仕掛データ管理の現状
  • データ管理の課題
  • スムーズな情報共有を実現する
  • 製品紹介

仕様など

形式:
PDF
ページ数:
14ページ
容量:
3.2MB
関連するメーカー名:
大塚商会、Dropbox、OSK
関連する製品名:
楽々CDM、Dropbox Business、eValue NS 2nd Edition

この資料をダウンロードする(無料)

お客様にお勧めの資料

ナビゲーションメニュー

いまどきのIT活用・導入事例

即効! ITライブラリー

「資料」を検索