BIMデータのビジュアライゼーション活用法!

手軽にVRコンテンツを実現。課題の解決策教えます

BIMデータを簡単にビジュアライズでき、現場と設計者のニーズにこたえるVRコンテンツをリアルタイムで提供するAutodeskのソリューションをご紹介します。

[2017年 3月13日公開]

「BIMデータのビジュアライゼーション活用法!」:資料概要

建築設計データのビジュアライズコンテンツには、リアルタイムで、さまざまな角度から確認したいといった要望があります。設計者に負荷をかけずに、BIMデータをリアルタイムコンテンツで閲覧・活用でき、最新のVRヘッドマウントディスプレイにも対応可能なAutodeskのソリューションをご紹介します。

目次(抜粋)

  • ビジュアライズ コンテンツ制作の問題点
  • 現場での要望
  • Autodesk Stingray
  • LIVE Designエコシステム
  • 設計者の要望
  • 設計者の求めるワークフロー
  • Autodesk LIVEコンテンツの運用
  • Stingrayでの展開

仕様など

形式:
PDF
ページ数:
50ページ
容量:
4.1MB

この資料をダウンロードする(無料)

お客様にお勧めの資料

ナビゲーションメニュー

いまどきのIT活用・導入事例

即効! ITライブラリー

「資料」を検索