標的型攻撃へのセキュリティ総合対策資料

ネットワーク脅威の中でも増加する標的型攻撃にはどう対策すればよいのでしょうか。攻撃の流れに合わせた多層防御で被害を最小限に抑える方法をご紹介します。

[2017年 4月18日公開]

「標的型攻撃へのセキュリティ総合対策資料」:資料概要

複雑化・高度化する脅威、セキュリティ対策に「完璧」はありません。攻撃の流れに合わせた「多層防御」で100%の安全に近づけること、万が一攻撃を受けた時の被害を最小限にすることが重要です。ネットワークの入口・出口対策から内部対策、事業継続対策、組織的対策まで、それぞれの対策に対応したソリューションをご紹介します。

目次(抜粋)

  • 情報漏えい事例
  • 企業におけるランサムウェア実態調査
  • 攻撃の流れに合わせた必要な対策は?
  • 【A】入口・出口対策
  • 【B】内部対策
  • 【C】事業継続対策
  • 【D】組織的対策

仕様など

形式:
PDF
ページ数:
26ページ
容量:
3.2MB
関連するメーカー名:
トレンドマイクロ、大塚商会、ハンドリームネット
関連する製品名:
トレンドマイクロ Cloud Edge 100、ワンコイン・ビジネスセキュリティサービス、たよれーる デバイスマネジメントサービス、サーバプロテクションサービス、SubGate、サーバークラウドバックアップ/プレミア、たよれーる EasySOC for FortiGate、標的型メール訓練サービス 100 / 200 / 300

この資料をダウンロードする(無料)

お客様にお勧めの資料