明日から使える、電子サインの活用術

e文書活用の第一歩はPDFから

「署名」は面倒ではありませんが、「署名された紙」の取り扱いはとても面倒です。Adobeが提供する電子サインは、署名者に負担をかけないプロセスを実現しました。

[2017年 6月 1日公開]

「明日から使える、電子サインの活用術」:資料概要

紙ベースで「署名」を行うと、サインを書き入れる作業以上に、手続き、郵送などにムダな時間や手間、コストがかかっています。デジタル化の強みを最大限に生かし、紙・時間・距離から解放されることによる業務効率の向上と競争力アップを実現しませんか? コスト削減効果も見逃せません。

目次(抜粋)

  • サイン・署名する、とは
  • ビジネスシーンでのサイン・署名
  • 紙ベースのサインプロセスの課題
  • 署名プロセスを電子化してみては?
  • アドビ社内事例
  • Adobeが提供する電子サインのしくみ
  • 大塚商会の事例紹介
  • まとめ

仕様など

形式:
PDF
ページ数:
12ページ
容量:
1.2MB
関連するメーカー名:
アドビシステムズ
関連する製品名:
Adobe Acrobat DC

この資料をダウンロードする(無料)

お客様にお勧めの資料