ファイルサーバー管理ソフト NIASのご紹介

ファイルサーバーのデータの「見える化」と自動整理、アクセス権の一括管理、個人情報の保護に対応した運用管理ソフト「NIAS」の特徴を動画でご紹介します。

[2017年 6月12日公開]

[ファイルサーバー管理ソフト NIASのご紹介]を動画でご紹介します。

この動画は音声が含まれます。再生時は音量がオフになっています。再生中に動画プレーヤーの音量を調節してください。[動画再生時間:2分55秒]

この動画の内容をテキストでご紹介

会社の業務拡大に伴って、ファイルサーバーを新しくすることにしたなら、せっかくなので、これを期に、ファイルサーバーの管理を見直すのはいかがですか?

見直す? とはいっても、どこをどう見直せばいいのか…? ファイルサーバーの容量が一杯だけど、どのデータを消せばいいのか分からない。必要なデータと不必要なデータが判別できない。困ってはいたけれど、ファイルサーバーってそんなものだと思ってたんだけど…

NIASなら、ファイルサーバーのデータを「見える化」して整理できます! 例えば、重複しているデータや何年も前から変更されていないデータ。対象データをスキャンすればスキャンしたデータを瞬時にソートして、削除や整理依頼などの対策を取ることができます。

業務拡大ということは、人事異動や増員などもあり、アクセス権の管理も難しくなります。NIASなら、アクセス権の棚卸しや修正が一括でできます。作業時間を短縮できるし、間違いも減ります。

顧客情報や、採用情報などの個人情報の管理があちこちに散らばっている場合、それはマズイです! これからの時代、個人情報の管理がますます求められます。2017年5月30日に施行の改正個人情報保護法によって、中堅・中小企業でも個人情報の罰則対象になります。

NIASなら、ファイルサーバー内の個人情報を含むデータを自動で抽出・リスト化。保護フォルダに隔離したり暗号化したり、情報漏えいのリスクが大幅に減らせます。データの「見える化」と整理、アクセス権の一括管理、個人情報の保護。NIASなら、ファイルサーバーの安全で効率的な運用管理を実現します!

お客様にお勧めの資料

ナビゲーションメニュー

いまどきのIT活用・導入事例

即効! ITライブラリー

「資料」を検索