照明器具の寿命に注意! 蛍光灯LED化のススメ

更新よりLED化がお得! 蛍光灯の寿命に要注意

照明器具にも寿命があるのをご存じですか? 特に10年が経過した照明器具は点検と交換が必要。今なら更新よりLED化がおすすめの理由をまとめた資料が公開中。

[2017年 8月24日公開]

「照明器具の寿命に注意! 蛍光灯LED化のススメ」:資料概要

貴社の蛍光灯は、設置から何年が経過していますか? 実は照明器具の寿命は10年といわれており、それを過ぎるころから故障がぐんと増えてきます。故障の原因はほとんどが安定器の劣化によるもので、火災にもつながります。劣化した照明器具を交換するなら、ランニングコストから見てもLED照明への変更が圧倒的におすすめです。

目次(抜粋)

  • 照明器具の寿命は10年
  • 安定器はどこに入っているの
  • 10年を過ぎた照明器具で検証
  • 「安定器」の劣化が原因
  • LEDをおすすめする理由
  • 大塚商会のLEDならココが違う
  • 照明器具チェックシート

仕様など

形式:
PDF
ページ数:
12ページ
容量:
4.0MB
関連するメーカー名:
DBライテック
関連する製品名:
LEDコンパクト蛍光灯タイプ、LED直管形(蛍光灯)タイプ、LEDベースライトタイプ、LEDダウンライトタイプ

この資料をダウンロードする(無料)

お客様にお勧めの資料

ナビゲーションメニュー

いまどきのIT活用・導入事例

即効! ITライブラリー

「資料」を検索