図解で理解する標的型攻撃の被害と防御の仕組み

情報流出を招く標的型攻撃を“浄化装置”で防ぐ

ニュース等で広く知られるようになった標的型攻撃を行う「ランサムウェア」。この攻撃で狙われるのは大手企業だけではありません。その被害と対策をご紹介します。

[2017年10月 3日公開]

「図解で理解する標的型攻撃の被害と防御の仕組み」:資料概要

海外のダウンロードサイトからの被害が多い、標的型攻撃。感染すると、攻撃者から遠隔操作される状態になり、システムの破壊や情報流出を招きます。既存のネットワークに簡単に設置できる「Cyber Cleaner」はネットワーク機器の出入り口で浄化装置として機能。不正な通信パケットをブロックします。

セミナー名「標的型攻撃の被害は大企業だけではない! 自社の通信環境の把握はできていますか?」

目次(抜粋)

  • 1.標的型攻撃の被害
  • 2.国、市場の動向について
  • 3.対策のご紹介

仕様など

形式:
PDF
ページ数:
31ページ
容量:
3.6MB
関連するメーカー名:
ギデオン
関連する製品名:
Cyber Cleaner LE

この資料をダウンロードする(無料)

お客様にお勧めの資料

ナビゲーションメニュー

いまどきのIT活用・導入事例

即効! ITライブラリー

「資料」を検索