自社内クラウド化を成功させる統合インフラ

自社内クラウド化を成功させる統合インフラ

誰でも簡単にアイデアを実現できる環境があふれている現代。アイデアを生かしてスモールスタートしたビジネスの規模を拡大する際、役に立つのが統合インフラです。

[2017年10月 3日公開]

「自社内クラウド化を成功させる統合インフラ」:資料概要

パブリッククラウドでスモールスタートしたビジネスを、規模拡大に伴い自社内のクラウドに移行するとき活躍するのが、クラウドとオンプレミスのハイブリッドである統合インフラ「HPE SimpliVity」です。データを小さく扱え、ランサムウェア対策にもなるHPE SimpliVityの仕組みと事例を解説します。

セミナー名「『ハイパーコンバージド』新しいテクノロジーでさらなる進化を! 『HPE SimpliVity』日本初上陸! IT基盤の新常識に触れよう!」

目次(抜粋)

  • HPE全社戦略の背景「アイデア・エコノミー」
  • パブリッククラウド→自社内クラウドへの移行
  • ハイパークラウドとは
  • HPE Hyper Converged製品の強み
  • SimpliVityの基本アーキテクチャ
  • データを小さく扱えるとこんなに便利!
  • ランサムウェア対策としても使える機能
  • お客様事例

仕様など

形式:
PDF
ページ数:
62ページ
容量:
7.1MB

この資料をダウンロードする(無料)

お客様にお勧めの資料

ナビゲーションメニュー

いまどきのIT活用・導入事例

即効! ITライブラリー

「資料」を検索