Acrobat DC 「アクションウィザード編」

複数の作業が、ワンボタンクリックで実行できる

Acrobatの「アクションウィザード」を使って、複数の作業がワンボタンクリックに変更できます。PDFファイルをワンクリックでセキュアな設定に! ぜひご活用ください。

[2017年10月 2日公開]

【Adobe Document Cloud】Acrobat DC 「アクションウィザード編」

この動画は音声が含まれます。再生時は音量がオフになっています。再生中に動画プレーヤーの音量を調節してください。[動画再生時間:3分22秒]

この動画の内容をテキストでご紹介

Acrobatには数多くの便利な機能が搭載されていますが、設定を使いこなせないという課題もあります。そんな課題を一気に解決してくれるのが、アクションウィザード機能です。例えば、スキャンした資料を、(1)補正、(2)通し番号をつける、(3)テキスト認識後に保存する、という一連の作業をワンボタン化できます。

Webに公開する決算短信などの情報は、誰でも閲覧できるため、セキュアな状態にしておくことが必要です。文書のプロパティを確認します。まずは「概要タブ」ですが、作成者の個人情報やメールアドレス、PDFの変換ツール(Acrobat 8という古いバージョン)が分かります。

次に「セキュリティタブ」、全ての項目が「許可」、つまりセキュリティ設定が施されていないことが分かります。では、どういった「文書」セキュリティを設定するのが適切でしょうか。「非表示情報を全て削除」と「暗号化」をし、文章自体を変更できないようにした後、Webに公開するのが適切です。

それでは、事前に作成した「アクションウィザード機能」の「WEB公開用」を使ってみます。ボタンを押すと、「暗号化」と「非表示情報を全て削除」がひとまとめになっています。その後、もう一度文章のプロパティを見てみると、「概要タブ」の不要な情報が削除され、「セキュリティタブ」の各情報も「許可しない」に変わっています。

このように、さまざまな作業をワンボタン化できる便利な機能です。さらに、作成した設定は他社に共有できます。会社の誰もが同じセキュリティ設定のPDFを作成することが簡単に行えます。ぜひ、Acrobat Proの機能「アクションウィザード」をご活用ください。

お客様にお勧めの資料

(function(){ var p = (("https:" == document.location.protocol) ? "https://" : "http://"), r=Math.round(Math.random() * 10000000), rf = window.top.location.href, prf = window.top.document.referrer, i = AdMatrix.CookieUtil.sharedId(); var elm = document.createElement('div'); elm.innerHTML = unescape('%3C')+'img src="'+ p + 'acq-3pas.admatrix.jp/if/5/01/4814f1eae0bd874aad42e97e4350a469.fs?cb=' + encodeURIComponent(r) + '&rf=' + encodeURIComponent(rf) +'&prf=' + encodeURIComponent(prf) + '&i=' + encodeURIComponent(i) + '" alt="" style="display:block; margin:0; padding:0; border:0; outline:0; width:0; height:0; line-height:0;" '+unescape('%2F%3E'); document.body.appendChild(elm);})();