「社員のため」が会社の利益 テレワークで、時間・場所から解放される働き方

すきま時間の有効活用と労働力のアップのいいトコどり

モバイルワーク、在宅勤務など、オフィスの自席環境をいつでも、どこでも再現する「テレワーク」。なぜこれが働き方改革につながるのか、その真相に迫ります。

[2017年10月25日公開]

「『社員のため』が会社の利益 テレワークで、時間・場所から解放される働き方」:資料概要

「働き方改革」の中でも特に着目されるのが長時間労働の是正です。実現のためには時間当たりの労働生産性を上げるか、労働力を増やすしかありません。すきま時間も有効活用し、家庭などの事情でフルタイム出社はできないスタッフの能力を少しでも引き出せれば……。そこに登場するのが「テレワーク」なのです。

目次(抜粋)

  • 働き方改革・テレワークの定義
  • 働き方改革の課題・テレワークのメリット
  • ITで業務をどのように変えられるのか
  • お客様事例・ソリューションデモ

仕様など

形式:
PDF
ページ数:
19ページ
容量:
3.4MB
関連するメーカー名:
大塚商会、サイボウズ、Microsoft、ワークスモバイルジャパン、Sky
関連する製品名:
どこでもコネクトライン:インターネット利用タイプ、どこでもコネクトライン:クローズド網タイプ、どこでもコネクトリモート、kintone on cybozu.com、Surface、LINE WORKS、SKYSEA Client View

この資料をダウンロードする(無料)

お客様にお勧めの資料

ナビゲーションメニュー

いまどきのIT活用・導入事例

即効! ITライブラリー

「資料」を検索