「社員のため」が会社の利益 最新インフラで無駄な時間を省く働き方

IT投資を、予算達成の原資にするために考える数字とは

IT投資をコストと位置づけるところから、間違った働き方改革がスタートします。社員のやる気を最も失わせる「無駄な社内習慣」をITで丸ごと解決してみませんか?

[2017年10月25日公開]

「『社員のため』が会社の利益 最新インフラで無駄な時間を省く働き方」:資料概要

例えば2万円安いからと全社導入したPC。起動3分、アプリ立ち上げやファイル保存に数十秒、終了2分……。積み重なると1年で約42時間が「待ち時間」に……。10万円超の給料が2万円の節約のために消えてしまったのです。最新ITは利益を生むため素材、最も避けるべきは使えない素材の仕入れか、安物買いの銭失いのいずれかでしょう。

目次(抜粋)

  • 待遇だけが労働環境ではない!
  • 「コスト」優先にしていませんか?
  • ITからみた労働環境:性能のよいパソコン買うべき
  • ITからみた労働環境:なにをするにもまずネット、だから高速化
  • ITからみた労働環境:道具はストレスのためにあるのではない

仕様など

形式:
PDF
ページ数:
18ページ
容量:
2.4MB
関連するメーカー名:
Microsoft、ワークスモバイルジャパン
関連する製品名:
Windows 10、Skype for Business Online、Office 365 ProPlus / Office 365 Business、LINE WORKS

この資料をダウンロードする(無料)

お客様にお勧めの資料

ナビゲーションメニュー

いまどきのIT活用・導入事例

即効! ITライブラリー

「資料」を検索