Acrobat DC 活用ガイド 法務編

Acrobat DCで法務部の業務効率がアップ!

法務部門でもAcrobat DCを活用することで、文書作成から署名、管理まで業務のプロセスを電子化し、業務効率アップを図ることが可能になります。

[2017年11月28日公開]

「Acrobat DC 活用ガイド 法務編」:資料概要

契約や手続きに関するさまざまな文書を作成し、やり取りする法務部門。しかし紙を使ったプロセスは時間と労力がかかり、契約締結の遅れはビジネススピードの低下を招くことも。Acrobat DCを活用することで、文書の作成から送信、確認、署名、管理までのプロセスをデジタル化し、業務効率の改善を図ることができます。

目次(抜粋)

  • Adobe Acrobat DCで課題解決
  • 署名用に送信(電子サイン)で解決
  • 書類のPDF化で解決
  • PDFポートフォリオで解決
  • 墨消し機能で解決
  • たよれーる Adobe Acrobat

仕様など

形式:
PDF
ページ数:
2ページ
容量:
1.0MB
関連するメーカー名:
アドビシステムズ
関連する製品名:
Adobe Acrobat DC

この資料をダウンロードする(無料)

お客様にお勧めの資料

ナビゲーションメニュー

いまどきのIT活用・導入事例

即効! ITライブラリー

「資料」を検索