Acrobat DC 「スキャン補正編」

面倒な「テキスト打ち直し」から解放される!

Acrobatのスキャン補正機能を使うと、自動的に元データからテキスト情報をデータ化できます。編集も、文字検索も対応できるので、便利にお使いいただけます。

[2017年12月28日公開]

Acrobat DC 「スキャン補正編」

この動画は音声が含まれます。再生時は音量がオフになっています。再生中に動画プレーヤーの音量を調節してください。[動画再生時間:1分46秒]

この動画の内容をテキストでご紹介

例えばこのようにカメラで撮影した書類を、PDF化した文書があるとします。スキャナーで取り込んだ文書でも同じです。社内でのペーパーレス化としてこのように取り込んだデータを大量にストレージに保存しているケースがあるかと思います。

しかし、後から検索/活用できなければ、全く意味のないデータになってしまいますので、ファイル名に内容を記載するなど、工夫されていると思います。

Acrobatなら、[スキャン補正]-[補正]-[カメラ画像](複合機のスキャンの場合は、スキャンした文書)で、自動的にドキュメントを認識し、人が見やすい文書としてのPDFに整えることができます。

さらには、[PDFを編集]を選択すると、文字をOCR(文字認識)文書の変更が可能になります。

さらに箇条書きも、きちんと項番を認識し、(Wordのように改行で)1、2、3と連番入力することができます。

また、テキストデータに変換されているので、例えば「秘密」など、簡単に文字検索も可能となります。紙からデジタル化した文書の利活用にぜひお役立てください。

お客様にお勧めの資料

ナビゲーションメニュー

(function(){ var p = (("https:" == document.location.protocol) ? "https://" : "http://"), r=Math.round(Math.random() * 10000000), rf = window.top.location.href, prf = window.top.document.referrer, i = AdMatrix.CookieUtil.sharedId(); var elm = document.createElement('div'); elm.innerHTML = unescape('%3C')+'img src="'+ p + 'acq-3pas.admatrix.jp/if/5/01/4814f1eae0bd874aad42e97e4350a469.fs?cb=' + encodeURIComponent(r) + '&rf=' + encodeURIComponent(rf) +'&prf=' + encodeURIComponent(prf) + '&i=' + encodeURIComponent(i) + '" alt="" style="display:block; margin:0; padding:0; border:0; outline:0; width:0; height:0; line-height:0;" '+unescape('%2F%3E'); document.body.appendChild(elm);})();