電子帳簿保存法「スキャナー保存」の実施検討

要件緩和で申請企業急増! 働き方改革、競争力強化にも

電子帳簿保存法の要件緩和により利用しやすくなった「スキャナー保存」。最新の要件と費用対効果を解説し、利用のために必要なシステムと運用事例をご紹介します。

[2018年 2月16日公開]

「電子帳簿保存法『スキャナー保存』の実施検討」:資料概要

電子帳簿保存法の「スキャナー保存」の要件が緩和され、申請企業が急増しています。スキャナー保存の最新の要件を解説し、費用対効果の試算例をご説明しています。また必要となるシステムの解説と具体的な対応製品、システム運用事例もご紹介。検討から実施までの流れや実施検討に伴うメリットも解説します。

セミナー名「申請企業急増中! 電子帳簿保存法『スキャナ保存』の実施検討」

目次(抜粋)

  • 電帳法のスキャナー保存を理解する
  • 費用対効果の試算例
  • スキャナー保存の必要システム
  • システム運用事例
  • まとめ

仕様など

形式:
PDF
ページ数:
44ページ
容量:
3.5MB
関連するメーカー名:
ハイパーギア
関連する製品名:
HG / PscanServ

この資料をダウンロードする(無料)

お客様にお勧めの資料

ナビゲーションメニュー

いまどきのIT活用

即効! ITライブラリー

「資料」を検索