データベースのバックアップ・移行時に現れる落とし穴

復旧・移行が早い! 低コストで高機能バックアップ

システム障害対策に欠かせないデータベースのバックアップ。しかしリカバリーや移行時、復旧時間やデータのロストが落とし穴に。その対策ツールをご紹介します。

[2017年12月28日公開]

「データベースのバックアップ・移行時に現れる落とし穴」:資料概要

災害対策はもちろん、システム障害対策としてバックアップにも利用されるテープバックアップ。しかしリカバリーにかかる時間やデータのロストが課題です。「Standby Express」ならリカバリー時間も短く、バックアップしたデータの確認も容易。本番稼働しながらの異バージョンへの移行も短いダウンタイムで実現します。

セミナー名「回避しよう! データベースのバックアップ・移行時に現れる落とし穴!」

目次(抜粋)

  • Standby Express概要
  • 動作環境・価格
  • Standby Express V5.2 Oracle 移行版
  • 概要
  • 特長
  • 対応表
  • 導入事例 小林製薬様
  • 導入事例 製造業A社様
  • 移行版 飲食業T社様
  • 移行版 小売店M社様
  • 移行版 某アミューズメント施設様
  • (参考)コンソール画面

仕様など

形式:
PDF
ページ数:
19ページ
容量:
2.4MB
関連するメーカー名:
Oracle
関連する製品名:
Standby Express

この資料をダウンロードする(無料)

お客様にお勧めの資料

ナビゲーションメニュー

いまどきのIT活用・導入事例

即効! ITライブラリー

「資料」を検索