建築業界のAcrobat DC活用術 後編

建設業ならではの課題を解決する注目機能

建築業界の実務担当者に聞いたデジタル文書に関する課題を元に、Acrobat DCならではの高度な機能がどのように課題解決に役立つのかを探ります。

[2018年 1月31日公開]

「建築業界のAcrobat DC活用術 後編」:資料概要

前編でご紹介した、建築業界のデジタル文書にまつわる五つの課題に対し、Acrobat DCならではの高度な機能がどのように役立つのか、実務担当者に率直な意見を伺いました。「ものさし」機能や「ファイル比較」、文書の「保護」など、PDFのより高度なビジネス活用を促す、さまざまな機能をご紹介します。

目次(抜粋)

  • 画面上で直接寸法が測れる「ものさし」
  • 新旧文書を「ファイル比較」でチェック
  • 大容量のPDF文書を簡単にやりとりできる
  • 文書を「情報コンテナ」として長期活用
  • 情報漏えいや改ざんなどから文書を「保護」
  • なぜAcrobat DCを使うべきなのか

仕様など

形式:
PDF
ページ数:
4ページ
容量:
1.3MB
関連するメーカー名:
アドビシステムズ
関連する製品名:
Adobe Acrobat DC

この資料をダウンロードする(無料)

お客様にお勧めの資料

ナビゲーションメニュー

いまどきのIT活用

即効! ITライブラリー

「資料」を検索