マルウェア被害やスパイ攻撃を防ぐ多層防御の重要性

多層防御してますか? IoT機器のハッキング対策

IT機器のウイルス対策には、感染防止の入口対策(UTM装置)に加え、大切な取引先を攻撃しないための“出口対策”が必要。その解決策を探ります。

[2018年 1月31日公開]

「マルウェア被害やスパイ攻撃を防ぐ多層防御の重要性」:資料概要

近年、情報セキュリティに関する脅威としてIoT機器の脆弱性や不適切な管理が指摘されています。監視カメラやIP電話などをマルウェアが襲うケースも多発。入口対策のUTM機器に加えて出口対策に「SubGate」を導入した多層防御なら、内部のDDoS攻撃やスパイ攻撃を遮断し、社外への二次被害も防止します。

セミナー名「『SubGate』でできる、拡散防止の対策とネットワークの『見える化』」

目次(抜粋)

  • セキュリティ事情
  • 多層防御の重要性-二次被害防止-
  • SubGate解説
  • SubGate設置例
  • SubGate導入実績と事例

仕様など

形式:
PDF
ページ数:
28ページ
容量:
9.6MB
関連するメーカー名:
ハンドリームネット
関連する製品名:
SubGate

この資料をダウンロードする(無料)

お客様にお勧めの資料

ナビゲーションメニュー

いまどきのIT活用

即効! ITライブラリー

「資料」を検索