ユーザー自身で分析できる「セルフサービスBI」とは?

セルフでデータ分析が可能! データ可視化と課題解決

売上実績や市場データなどを分析し、売上アップやコスト削減につなげる「データ活用」(=BI)。複雑なこの作業をユーザー自身で行えるツールが注目されています。

[2018年 1月31日公開]

「ユーザー自身で分析できる『セルフサービスBI』とは?」:資料概要

売上実績や顧客マスタなどの各種データを総合的に分析し、意思決定や業務改善に役立てる「データ活用」はいまやビジネスに欠かせない業務です。セルフサービス型データ分析ツール「Qlik Sense」なら膨大なデータを瞬時にグラフィカルにまとめ、ユーザー自身で手軽にレポートを作成可能。スピーディーな共有を可能にします。

セミナー名「『脱Excel』のもう一歩先へ! 新しいデータ活用のかたち、『セルフサービスBI』とは」

目次(抜粋)

  • データ活用とは
  • 幅広いExcel利用
  • Excel仕事で困ること
  • アンケート
  • 新しいデータ活用の形
  • なぜセルフサービス?
  • 新しいデータ活用の形
  • 特長1 直感的な操作
  • 特長2 手軽にレポート作成
  • 特長3 スピーディな共有

仕様など

形式:
PDF
ページ数:
15ページ
容量:
2.5MB
関連するメーカー名:
QlikTech
関連する製品名:
Qlik Sense

この資料をダウンロードする(無料)

お客様にお勧めの資料

ナビゲーションメニュー

いまどきのIT活用

即効! ITライブラリー

「資料」を検索