現場帳票のペーパーレス化で点検・検査業務工数を削減

現場帳票改革で工数大幅減! デジタルと手書きを融合

建築・製造現場で長年使われる紙の現場帳票。その管理の煩雑さや記入漏れなどの問題を一気に解決し、現場で記録・報告業務を完結する方法をご提案します。

[2018年 1月31日公開]

「現場帳票のペーパーレス化で点検・検査業務工数を削減」:資料概要

工事や製造、保守など、現場帳票が欠かせない現場は多くあります。使い慣れたExcel帳票がある現場も多いでしょう。その紙帳票を電子帳票に融合させ、タブレットの手書きや音声入力を生かしたシステムが「ConMas i-Reporter」です。紙の良さをそのままに、記録・報告・閲覧の大幅な効率化が可能です。

セミナー名「『働き方改革』できていますか? タブレット活用ツール『ConMas i-Reporter』で点検・検査業務工数を大幅削減!」

目次(抜粋)

  • ConMas i-Reporterとは
  • 導入実績
  • 帳票フォーマットの作成・運用手順
  • i-Reporter Plusの概要紹介
  • ConMas i-Reporter-Ver6.0
  • V6 ピン打ち機能
  • V6 音声入力機能
  • i-ReporterHPのご紹介

仕様など

形式:
PDF
ページ数:
64ページ
容量:
7.2MB

この資料をダウンロードする(無料)

お客様にお勧めの資料

ナビゲーションメニュー

いまどきのIT活用

即効! ITライブラリー

「資料」を検索