Autodeskが考える、ものづくりの未来

コンピューターと共につくる新たな設計手法と事例

ものづくり、設計の未来はどうなっていくのか。Autodeskが考える、コンピューターと共につくる新たな設計手法を、豊富な写真の実例でご紹介します。

[2018年 3月13日公開]

「Autodeskが考える、ものづくりの未来」:資料概要

これまでデザイナーやエンジニアは、コンピューターを受動的なマシンとして活用してきました。これからのものづくりは、AIやクラウドを活用し、コンピューターとデザイナー、エンジニアが共同制作者として一体となって行うものになっていきます。Autodeskが考える、新たな設計手法を豊富な写真の実例と共にご紹介します。

セミナー名「<実践ソリューションフェア2018>~創造の未来へ~Autodeskが考えるものづくりの未来」

目次(抜粋)

  • ものづくりの未来
  • Generative Design
  • 最適・軽量化設計
  • Industrial Additive
  • 性能、コスト、材料の最適化
  • 産業向け積層技術のワークフロー
  • Other Ways
  • プロダクトイノベーションプラットフォーム
  • 業界別コレクション

仕様など

形式:
PDF
ページ数:
20ページ
容量:
5.0MB

この資料をダウンロードする(無料)

お客様にお勧めの資料

ナビゲーションメニュー

いまどきのIT活用

即効! ITライブラリー

「資料」を検索