システム障害を防ぐ! 業務継続の仕組みと復旧対策

システム障害による損害を防ぐ厳選対策を一挙に紹介

日々の生活や企業活動でのシステム依存度が高まり、システム障害のリスクは高まるばかりです。業務継続対策の基本と、その製品例を事例を交えてご紹介します。

[2018年 3月13日公開]

「システム障害を防ぐ! 業務継続の仕組みと復旧対策」:資料概要

業務停止の要因には、ハードウェアの故障やプログラムの不具合をはじめ、ウイルスや災害への対策も必要です。その主なポイントは「確実なバックアップとリストア運用」「サーバーの二重化」そして「遠隔地でのシステム運用/データ保管」の3つに集約できます。大塚商会が厳選した各サービスを、その仕組みとあわせて解説します。

セミナー名「ハード障害、ウイルス感染、災害! 業務継続の仕組みと復旧対策は万全ですか!?」

目次(抜粋)

  • システム・業務停止の発生状況
  • リストアができる確実なバックアップ運用
  • サーバー機器の二重化
  • 遠隔地でのシステム運用/データ保管

仕様など

形式:
PDF
ページ数:
17ページ
容量:
2.2MB
関連するメーカー名:
Arcserve Japan、Acronis、大塚商会、Microsoft
関連する製品名:
Arcserve UDP、Acronis Backup Workstation、Essentials α サーバー冗長パック、HCIスターターキット、Microsoft Azure

この資料をダウンロードする(無料)

お客様にお勧めの資料

ナビゲーションメニュー

いまどきのIT活用

即効! ITライブラリー

「資料」を検索