PDFで働き方改革! 文書業務の知って得する活用術

レビュー・集計・承認もOK! PDFで生産性大幅UP

生産性の向上を目的とする働き方改革。文書業務の効率化で、生産性は大幅にアップします。閲覧用フォーマットとして知られるPDFが、その実現をサポートします。

[2018年 3月13日公開]

「PDFで働き方改革! 文書業務の知って得する活用術」:資料概要

デバイスや環境に依存しない、優れた閲覧が行える定番のファイル形式として知られる「PDF」。また、閲覧だけでなく検索可能なデジタル化、共有レビューやフォームの作成・集計機能、承認プロセスも可能です。当資料では、Adobe Acrobat DCで文書業務の課題を解決するワークフローを図解と共に解説します。

セミナー名「<実践ソリューションフェア2018>PDFで働き方が変わる!? 文書業務の知って得する活用術」

目次(抜粋)

  • 働き方改革とは?
  • 働き方改革の目的
  • PDFで文書業務の効率化
  • 課題1 ペーパーレス対策
  • 課題2 アンケートや申請フォーム
  • 課題3 文書や制作物のレビュー
  • 課題4 署名や承認に時間がかかる
  • 導入事例
  • 契約書締結のワークフロー
  • Acrobat DC連携機能について
  • Acrobatを選ぶ理由
  • PDFセキュリティ対策 3つのポイント

仕様など

形式:
PDF
ページ数:
18ページ
容量:
3.1MB
関連するメーカー名:
アドビシステムズ
関連する製品名:
Adobe Acrobat DC

この資料をダウンロードする(無料)

お客様にお勧めの資料

ナビゲーションメニュー

いまどきのIT活用

即効! ITライブラリー

「資料」を検索