仮想化インフラ基盤のHCI化でコスト削減&工数削減

HCI化で実現! 仮想化インフラのコスト&工数削減

サーバーの仮想化が一般的ですが、今、さらに進化させた「ハイパーコンバージドインフラ」が注目されています。省スペースで低コストなHCIの概要とは?

[2018年 3月13日公開]

「仮想化インフラ基盤のHCI化でコスト削減&工数削減」:資料概要

今、仮想化インフラ基盤の「ハイパーコンバージドインフラ(HCI)」化が進んでいます。共有ストレージは、コストの高さや工数の多さ、保守管理の手間が負担となりがち。HCIなら、最小サイズわずか2Uで環境構築が可能。メーカー相性問題もありません。当資料では、その概要を豊富な図解と事例と共に解説します。

セミナー名「事例でわかる! 仮想化インフラ基盤をハイパーコンバージド(HCI)にするメリット」

目次(抜粋)

  • ハイパーコンバージドインフラとは!?
  • プライベートクラウドへの活用
  • 従来インフラとの違いと利点
  • ハイパーコンバージドインフラの違い
  • HCIの生みの親:Nutanix
  • 仮想化インフラ基盤の課題
  • ハイパーコンバージド導入事例
  • まとめ ハイパーコンバージドにするメリット

仕様など

形式:
PDF
ページ数:
36ページ
容量:
4.8MB
関連するメーカー名:
大塚商会、ヴイエムウェア
関連する製品名:
HCIスターターキット、VMware vSphere

お客様にお勧めの資料

お客様にお勧めの製品を無料でお試し

【無料お試し】AI自動翻訳で翻訳業務を効率化! T-4OO(Translation For Onsha Only)

T-4OO(ティーフォーオーオー)は、医療・医学・医薬・化学・IT・法務など2,000の専門分野のドキュメントを「最大精度95%=プロ翻訳者に匹敵する正確さ」で自動翻訳することができるクラウドサービスです。

ページID:00143597

ナビゲーションメニュー