事例で納得! RFIDソリューションで業務効率UP

電子タグ「RFID」活用で在庫管理を劇的に省力化!

電子タグとリーダライタ、アンテナで構成されるRFIDは、「IoT」のキーデバイスとしてニーズが急増中です。その特徴と活用方法をご紹介します。

[2018年 3月13日公開]

「事例で納得! RFIDソリューションで業務効率UP」:資料概要

電子タグのRFIDには、「非接触」「被覆可能」「シリアル管理可能」「加工可能」「書込可能」などさまざまな特徴があります。バーコードやQRコードに比べ、複数の一括読み取りが可能で数メートル離れた場所からの読み取りも可能。在庫の管理などで大幅な省力化を実現。具体的な導入事例を交えて運用の効果を解説します。

セミナー名「RFIDを利用したソリューションをご紹介」

目次(抜粋)

  • RFIDとは?
  • RFIDを取り巻く状況
  • RFIDの特徴
  • 省力化の事例
  • RFIDが苦手とすること
  • よくあるトラブル
  • 標準規格利用のススメ
  • (Appendix)一歩進んだRFID利用

仕様など

形式:
PDF
ページ数:
16ページ
容量:
1.0MB

おすすめ動画をチェック

大塚IDへのご登録(無料)は、もうお済みですか?

物流改革のポイントとは? 大塚商会が開催するセミナーの動画なども無料で視聴いただけます。

大塚ID オンデマンド動画を見る

お客様にお勧めの資料

お客様にお勧めの製品を無料でお試し

【無料お試し】AI自動翻訳で翻訳業務を効率化! T-4OO(Translation For Onsha Only)

T-4OO(ティーフォーオーオー)は、医療・医学・医薬・化学・IT・法務など2,000の専門分野のドキュメントを「最大精度95%=プロ翻訳者に匹敵する正確さ」で自動翻訳することができるクラウドサービスです。

ページID:00143599

ナビゲーションメニュー