IBM Watson+Boxが後押しする働き方改革

生産性向上を実感。IBM Watsonで働き方改革

働き方改革が目的とする「生産性の向上」には、さまざまな自動化が欠かせません。画像、音声、テキストなど蓄積された既存の情報を、機械学習で活用しましょう。

[2018年 5月15日公開]

「IBM Watson+Boxが後押しする働き方改革」:資料概要

IBM Watsonは、自然言語処理と機械学習から洞察を行う拡張知能。容量無制限のクラウドサービス「box」と組み合わせることで生産性の向上を実現し、働き方改革を後押しします。例えば、写真から問題点を類推したり、会議音声の文字起こしも可能。働き方改革に役立つIBM Watsonの活用例の数々をご紹介します。

セミナー名「『IBM Watson』と『Box』でナレッジを働き方改革に活用する5つの方法」

目次(抜粋)

  • IBM Watson
  • Box
  • 活用例1. チャットボット
  • 活用例2. kintone連携
  • 活用例3. 画像連携
  • 活用例4. 音声連携
  • 活用例5. Watson Workで改革
  • 5つの方法のまとめ
  • ナレッジを働き方改革に活用するポイント

仕様など

形式:
PDF
ページ数:
30ページ
容量:
1.3MB
関連するメーカー名:
Box、サイボウズ
関連する製品名:
Box、kintone on cybozu.com

この資料をダウンロードする(無料)

お客様にお勧めの資料

ナビゲーションメニュー

いまどきのIT活用

即効! ITライブラリー

「資料」を検索