不審メールで感染!? ランサムウェアの対策手段とは

被害事例や対策製品とあわせて学ぶランサムウェア

2017年に猛威を振るった「WannaCry」などのランサムウェア。その感染の広がり方と対策を、最新のセキュリティ脅威と合わせて解説します。

[2018年 3月13日公開]

「不審メールで感染!? ランサムウェアの対策手段とは」:資料概要

法人のセキュリティ予算を押し上げる要因にもなった、ランサムウェアの大流行。狙われる組織の規模の大小は関係なしに、情報以外にも金銭が狙われるケースもあります。当資料では、ランサムウェアの被害事例や感染の経路、その対策方法とソリューションをご紹介。最新の「IoT脅威」や「ビジネスメール詐欺」についても解説します。

セミナー名「<実践ソリューションフェア2018>不審メールやWebサイト閲覧で感染!? ランサムウェア被害を拡大させない対策手法とは」

目次(抜粋)

  • 猛威を振るうランサムウェアの今
  • ランサムウェアの対策とソリューション
  • 最新のセキュリティ脅威
  • セキュリティ対策の導入以外に大事なこと

仕様など

形式:
PDF
ページ数:
21ページ
容量:
2.6MB
関連するメーカー名:
Fortinet、パロアルトネットワークス、ハンドリームネット、トレンドマイクロ、NECソリューションイノベータ、大塚商会、ギデオン
関連する製品名:
FortiGate、Palo Alto、SubGate、Deep Discovery Inspector powered by Express5800、CylancePROTECT、PCワンストップサービス セキュリティ安心パック、Cyber Cleaner LE

この資料をダウンロードする(無料)

お客様にお勧めの資料

ナビゲーションメニュー

いまどきのIT活用

即効! ITライブラリー

「資料」を検索