Autodesk Revit入門その2連携編

土木技術者のためのCIM実践講座

構造技術者のためのBIM / CIMソリューション、Autodesk Revitを使ったプロジェクトの基本と、他製品との連携についてご説明します。

[2019年 2月 5日公開]

「Autodesk Revit入門その2連携編」:資料概要

Autodesk Revitは構造設計・モデリングのためのBIM / CIMアプリケーション。橋梁や擁壁などの土木構造物のモデリング、3次元での配筋モデルを作成することができ、2D図面の作成や数量算出が可能です。その主な機能と、Civil 3D、InfraWorksとの連携による便利な活用方法をご紹介します。

セミナー名「【CIM実践講座】土木技術者のための『Autodesk Revit』入門 その2[連携編]」

目次(抜粋)

  • Autodesk Revit
  • Civil 3Dとの連携
  • InfraWorksとの連携
  • 活用のためのテキスト類

仕様など

形式:
PDF
ページ数:
21ページ
容量:
4.8MB

この資料をダウンロードする(無料)

お客様にお勧めの資料

ナビゲーションメニュー