サブスクリプションで実現。PDFのセキュリティ対策

急務! PDFのセキュリティ対策で安全なやりとりを

PDFをビジネス利用するならセキュリティ対策は必須。安全で質が高く、効率的なPDFの作成方法と、その活用のコツをマンガと図解でご紹介します。

[2019年 3月 5日公開]

「サブスクリプションで実現。PDFのセキュリティ対策」:資料概要

いまやビジネスの現場で広く使われているPDF形式。無料の変換ソフトもありますが、PDF形式の開発元であるAdobe社の「Adobe Acrobat DC」ならファイルのロックや署名などの機能、Microsoft Officeとの連携も自由自在。セキュリティ対策が必須のビジネスの現場で、安心して活用できます。

この資料は「即開PDF」対象です

目次(抜粋)

  • PDFセキュリティ対策のポイント
  • Adobe Acrobat DCのPDFならここまでできる
  • 1.用途に合わせた操作制限でセキュリティを強化
  • 2.Adobe Acrobatで作成したPDFはここが違う!
  • 3.業務の「質」を高める便利な機能
  • 4.デバイス間でシームレスに文書共有
  • 導入するならサブスクリプションがおすすめ

仕様など

形式:
PDF
ページ数:
4ページ
容量:
4.2MB
関連するメーカー名:
アドビシステムズ
関連する製品名:
Adobe Acrobat DC

お客様にお勧めの資料

ナビゲーションメニュー