Adobe Stockも大塚商会で! 「デスクトップアプリとの連携」編

1億点を超える素材がそろったAdobe Stock。デザインワークの効率を向上する、Adobeデスクトップアプリとの連携による使い方をご紹介します。

[2019年 3月14日公開]

Adobe Stockも大塚商会で! 「デスクトップアプリとの連携」編

この動画は音声が含まれます。再生時は音量がオフになっています。再生中に動画プレーヤーの音量を調節してください。[動画再生時間:4分15秒]

この動画の内容をテキストでご紹介

1億点を超えた、ロイヤリティフリー素材集「Adobe Stock」

大塚商会の「たよれーる Adobe Stock」は、月10枚プランをご提供しています。月40枚プラン、750枚プランもあります。

チラシの印象アップ、プレゼン資料のアイキャッチ、写真だけではない豊富なイラスト素材、そしてAdobe Creative Cloudとの緊密な連携によるデザインワークの効率向上など、そのメリットは計り知れません。

Adobe Stock 動画
~Adobe デスクトップアプリとの連携~

アドビの各デスクトップアプリケーションのネイティブ環境内から、直接Adobe Stockを検索する方法を見ていきましょう。

Illustratorでは、画面右側に「Adobe Stockを検索」というエリアがあります。「冬」というキーワードで検索してみると……このように適した素材が表示されます。この検索結果から素材を選択し、そのままAdobe Stockの透かしが入った状態でカンプのデザインに入ることができます。

テンプレートの「Campaign Title」の枠で用いると、テンプレートに合わせて選んだ素材がはめ込まれます。この段階ではまだカンプのプレビュー用画像という扱いなので、透かしは入ったままですが、決定になった段階で、画像上で右クリックしてプルダウンから「画像ライセンス認証」を選ぶと素材購入の確認画面が表示されるので、そのまま「購入」できます。プレビュー素材は透かし入り低解像度です。購入するとレイアウトはそのままに透かしが消え、最終出力向けの高解像度版素材に差し替わります。

一般のストックフォトサービスを利用している場合、まずはプレビュー用の画像素材をダウンロードし、レイアウトして、決定段階で正規素材を購入、再度レイアウトする必要がありますが、Adobe Stockはデスクトップ アプリケーションと緊密に連携しているので、カンプ段階での画像処理、作りこみなどもそのまま反映され、仕上げ制作の工数と時間を大幅に短縮できます。

もちろんPhotoshop(フォトショップ)やInDesign(インデザイン)、Premier Pro(プレミア・プロ)などでも同様のAdobe Stock連携機能は提供されています。

ぜひご活用ください。

Adobe Stock 1ライセンスのご契約でアドビ製品を利用する全員がお使いいただけます。グループ内での画像共有も簡単です。(全員が同一VIPでCreative Cloudグループ版をご契約の場合)

また大塚商会では、おトクなAdobe Stockはもとより、アドビ・ナンバーワン・リセラーとして各種アドビ製品を取り扱っています。

大変ご好評いただいてるAdobe Creative Cloud、PDFドキュメントの活用に大きく役立つAdobe Acrobat DCなど、アドビ製品のご導入・ご検討はぜひ、大塚商会にご相談ください。

関連するソリューション・製品をさらに調べる