人手不足解消と働き方改革を実現! RPA活用術

RPAで人手不足を解消! RPA導入のコツを大公開

主にデスクワークにソフトウェアのロボットを導入して自動化し、業務改善する「RPA」が注目されています。その導入のコツを大塚商会の事例をもとに解説します。

[2019年 5月14日公開]

「人手不足解消と働き方改革を実現! RPA活用術」:資料概要

AIやIoTと並んで注目されているRPA。その本質は「業務効率化」ではなく「労働力を創り出す」発想にあります。導入効果が高い業務の洗い出しから運用・メンテナンスまで、実際に大塚商会の業務にRPAを導入した結果をもとに具体的に解説しました。「デジタルレイバー」と協働できる「月額制」サービスについてもご紹介します。

セミナー名「約300業務を自動化!大塚商会のRPA活用術(2019 Japan IT Week 春)」

目次(抜粋)

  • 自社で実践したRPA導入6STEP
  • 事例1 残業管理の自動化
  • RPAは増殖する…増殖させる管理が肝
  • 働き方改革の推進
  • IT化の成果
  • RPAで1人当たり売上高UPへ挑戦
  • RPA稼働に求められる要素
  • 大塚商会が推奨するRPA/RDAプロダクト
  • 新商品「たよれーるWinActor」誕生

仕様など

形式:
PDF
ページ数:
22ページ
容量:
2.4MB

お客様にお勧めの資料