情報漏えいを防ぎ職場環境を改善するログデータ活用術

従業員を行動分析! ログデータでセキュリティ対策

従業員のさまざまなログデータを分析することで、リスク事象を抽出できるサービスをご存じでしょうか? 情報漏えい対策から離職リスクの予兆まで行えます。

[2019年 6月24日公開]

「情報漏えいを防ぎ職場環境を改善するログデータ活用術」:資料概要

セキュリティ対策には社外からの攻撃はもちろん、従業員の不正を防ぐことも必要です。「マルチLOGプロファイルサービス」は、企業内のログデータや管理情報を解析し、情報漏えいを未然に防ぎます。また、機械学習により従業員の行動を分析。不正の予兆を捉えリスクに先回りします。そのサービス提供体制まで解説した資料です。

セミナー名「集めたログデータから従業者の行動を解析、内部不正の予兆を捉えリスクに先回り!」

目次(抜粋)

  • マルチLOGプロファイルサービス
  • アウトプット
  • 行動分析で解決する領域
  • リスクシナリオを多数保有
  • 機械学習による異常検知
  • アナリストによる検知精度
  • データソース
  • 分析結果と想定効果例
  • サービス費用

仕様など

形式:
PDF
ページ数:
15ページ
容量:
2.4MB

お客様にお勧めの資料