電子サイン・電子契約でコスト削減・業務スピードUP

紙依存脱却! 電子サインをAdobe Signで活用

業務処理のデジタル化が進められる中、「紙」依存を解決する電子サインプラットフォームの活用が鍵となります。その活用シナリオと効果を事例でご確認ください。

[2019年 8月26日公開]

「電子サイン・電子契約でコスト削減・業務スピードUP」:資料概要

デジタルファースト法案を機に、日本国内では電子契約とサイン市場が急速に広がっています。電子サインに対応する「Adobe Sign」は、「紙」の使いやすさと証拠性、電子の効率性を両立する次世代ペーパーレスプラットフォームです。コスト削減と、業務スピードアップを実現するその効果を導入事例でご紹介します。

セミナー名「大塚商会 PDFカンファレンス 2019 夏 電子サインで実現するドキュメントソリューションの効率化」

目次(抜粋)

  • 業務処理のデジタル化に向けた潮流
  • Adobe Document Cloud
  • 「紙」依存解決のために必要なこと
  • Adobe Signの利用例
  • 事例にみるAdobe Sign活用シナリオ
  • Adobe Signとは

仕様など

形式:
PDF
ページ数:
22ページ
容量:
5.3MB
関連するメーカー名:
アドビシステムズ
関連する製品名:
Adobe Acrobat DC

お客様にお勧めの資料