時間短縮&コスト削減! 電子サインで文書業務を効率化

生産性向上とお客様体験の刷新を両立する電子サイン

近年、営業関連契約や秘密保持契約などの際の電子サインの導入が進んでいます。導入時のポイントや導入事例を通じて、具体的な効果を実感できる詳細な資料です。

[2019年 9月 9日公開]

「時間短縮&コスト削減! 電子サインで文書業務を効率化」:資料概要

法的に電子サインの有効性が認められている営業契約やNDA契約などの締結では、近年電子サインの導入が非常に進んでいます。この資料では、多くの先進企業でこの電子サインのツールとして選ばれている「Adobe Sign」をご紹介。データ連係の仕組みから電子サイン導入時に考慮すべきポイントまで詳しく解説しました。

セミナー名「大塚商会 電子サインカンファレンス」

目次(抜粋)

  • Adobe Signとは
  • Adobe Signの法的有効性
  • 外部システム連携
  • 事例にみる Adobe Sign活用シナリオ
  • 電子サイン導入時に考慮すべきポイント
  • Acrobatのサイン機能との違い
  • ライセンス体系

仕様など

形式:
PDF
ページ数:
71ページ
容量:
8.4MB

お客様にお勧めの資料