大塚商会も実践中! 働き方改革+αでやるべき課題とは

大塚商会が実践中の業務効率アップ策をまとめてご紹介!

働き方改革関連法の施行により、業務の効率化は急務となっています。大塚商会も実践中の「RPA」「AI」「テレワーク」による課題の解決方法をご紹介します。

[2019年10月24日公開]

「大塚商会も実践中! 働き方改革+αでやるべき課題とは」:資料概要

オフィスの“2020年問題”をご存じですか? 残業時間の上限規制が設けられ、有休取得も義務化。この労働時間短縮には、業務効率化が必須です。定型業務を自動化する「RPA」や、務を代行・削減する「AI」、モバイル活用の「テレワーク」などITを活用した働き方改革ソリューションが有効です。

セミナー名「日経XTECH EXPO 2019 働き方改革2019」

目次(抜粋)

  • 働き方改革関連法で、何が変わる?
  • 残業をどう減らす? 有休をどう増やす?
  • 労働時間短縮には、業務効率化が必須
  • (1)RPA
  • (2)AI
  • (3)テレワークの具体策
  • LED&照明コントロールで、働き方改革

仕様など

形式:
PDF
ページ数:
16ページ
容量:
3.0MB
関連するメーカー名:
Microsoft
関連する製品名:
Microsoft Office、Windows 10

お客様にお勧めの資料