サブスクリプション版Acrobatを導入すべき理由

Acrobat 2015のサポートが間もなく終了!

間もなくサポートが終了する「Acrobat 2015」。最新機能を常に使えるサブスクリプション版Acrobatへの移行メリットとポイントをご紹介します。

[2020年 5月12日公開]

「サブスクリプション版Acrobatを導入すべき理由」:資料概要

ビジネス文書で欠かせないPDFファイルを作成・編集・変換できる、Adobe Acrobat。「Acrobat 2015」シリーズは2020年7月7日にサポート終了を迎えます。サポート期間を気にせずに最新機能を常に使えて、ライセンス管理もしやすい、サブスクリプション版への移行メリットとポイントをご紹介します。

この資料は「即開PDF」対象です

目次(抜粋)

  • 狙われやすいPDF
  • サポート期間以外のメリットもたくさん
  • レビューや電子署名がスマートに
  • 導入するならサブスクリプションがオススメ

仕様など

形式:
PDF
ページ数:
4ページ
容量:
1.4MB
関連するメーカー名:
アドビシステムズ
関連する製品名:
Adobe Acrobat DC

関連するソリューション・製品をさらに調べる

お客様にお勧めの資料

ページID:00191486

ナビゲーションメニュー