遠隔地データ保管を実現するバラクーダバックアップ

ポイントは遠隔地保管! 会社のデータを守る仕組みとは

自然災害を受けやすい日本では、企業のBCP対策は必須。データやシステムの消失を防ぎ、会社の大切なデータを守る「遠隔地データ保管」について解説します。

[2020年 7月13日公開]

「遠隔地データ保管を実現するバラクーダバックアップ」:資料概要

企業における災害発生時の深刻な困りごとのひとつに、データやシステムの消失があります。「バラクーダバックアップ」は、BCP対策として遠隔地やクラウドにバックアップデータを複製して実現する製品です。ランサムウェア対策も行え、外部からの侵入も阻止。当資料ではその具体的な仕組みを図解で理解できます。

セミナー名「【災害対策】『バラクーダバックアップ』とクラウドストレージで実現する遠隔地データ保管!」

目次(抜粋)

  • 日本の災害事例
  • 企業における災害発生時のお困りごと
  • 災害対策のバックアップ運用
  • バラクーダバックアップの特徴
  • 1.バックアップデータ複製による災害対策
  • 2.バックアップ運用の停止時間を最小限に
  • 3.セキュアバックアップ(ランサムウェア対策)
  • 4.重複排除機能で多くの世代管理運用を実現
  • 5.バックアップソフトの追加導入は不要
  • バラクーダバックアップ製品ラインアップ
  • バラクーダバックアップモデル別製品仕様
  • 安心!たよれーる保守におまかせ!

仕様など

形式:
PDF
ページ数:
20ページ
容量:
3.1MB
関連するメーカー名:
Barracuda Networks
関連する製品名:
Barracuda Backup

お客様にお勧めの資料

ページID:00193542

ナビゲーションメニュー