電子サインと既存システムの連携で相乗効果を実現

既存業務システムと電子サインの連携で効率化

働き方改革やテレワークが進む中、各社で電子契約の導入が急速に進んでいます。既存システムと連携する電子サインシステムなら、より効率的に生産性を向上できます。

[2020年10月26日公開]

「電子サインと既存システムの連携で相乗効果を実現」:資料概要

これまで根強く残ってきた紙やハンコによる手続きが、コロナ禍がもたらした環境変化や政府の主導により急速にデジタル化されています。電子サインシステム「Adobe Sign」なら既存システムを拡張する形でデジタル化と効率化を実現。その仕組みから活用シナリオまで、具体的な導入事例も交えてご紹介した資料です。

セミナー名「【人気急上昇中】既存システム連携でシナジーを!」

目次(抜粋)

  • 書類の電子化を阻害するもの
  • 電子契約導入意向の高まり
  • Adobe Sign 電子サインプラットフォーム
  • Adobe Signでできること
  • 業務システムとAdobe Signの連携がもたらす効果
  • 事例に見るAdobe Sign活用シナリオ
  • パーソルホールディングス株式会社様
  • ソニー銀行株式会社様
  • Adobe Signを導入する理由
  • アドビを選択していただく理由

仕様など

形式:
PDF
ページ数:
26ページ
容量:
3.4MB
関連するメーカー名:
アドビシステムズ
関連する製品名:
Adobe Sign

お客様にお勧めの資料

資料だけではなく動画セミナーも視聴できます

【無料視聴】大塚IDオンデマンド動画

大塚商会が開催するセミナー動画や、製品・サービスの特長などが分かる動画を無料で視聴いただけます。お客様の業務やビジネスにお役立てください。

ページID:00196813

ナビゲーションメニュー