kintone+タブレットで現場業務の時短を実現

記録・報告のモバイル化で現場の業務を一気に効率化!

建設現場から対面申し込みまで、さまざまな現場でタブレットやスマートフォンの導入が進んでいます。こうした現場での業務効率化のポイントを紹介します。

[2021年 1月14日公開]

「kintone+タブレットで現場業務の時短を実現」:資料概要

製造、建設、設備管理、対面申し込みなどの現場業務で、タブレットやスマートフォンといったモバイル活用のポイントは、業務の時短と端末利用の定着化にあります。当資料では、「kintone」と連携して使用する現場入力モバイルアプリ「AppsME」を活用して、業務効率化を行うステップを分かりやすく解説しています。

セミナー名「『kintone』活用! タブレットで現場業務の記録・報告ソリューションのご紹介」

目次(抜粋)

  • 現場業務におけるモバイル利用を加速させる
  • モバイル活用がうまくいくためのポイント
  • kintoneとは?
  • kintoneの3要素
  • 利用シーン:不動産業新築住宅の内覧~入居
  • -Scene1 施工現場
  • -Scene2 内覧会
  • -Scene3 物件引き渡し
  • 標準価格
  • トライアルのご案内

仕様など

形式:
PDF
ページ数:
22ページ
容量:
2.4MB
関連するメーカー名:
オプロ、サイボウズ
関連する製品名:
AppsME、kintone on cybozu.com

お客様にお勧めの資料

資料だけではなく動画セミナーも視聴できます

【無料視聴】大塚IDオンデマンド動画

大塚商会が開催するセミナー動画や、製品・サービスの特長などが分かる動画を無料で視聴いただけます。お客様の業務やビジネスにお役立てください。

ページID:00199597

ナビゲーションメニュー