不動産業のDXを推進させるAI/RPA活用法とは?

システム連携による情報流通で不動産業界のDXを推進

DXを推進していくためには今までのレガシーシステムを刷新する必要があります。システムを組み合わせて業務解決するDXの進め方について、ご紹介します。

[2021年 1月14日公開]

「不動産業のDXを推進させるAI/RPA活用法とは?」:資料概要

経済産業省はDX(デジタルトランスフォーメーション)推進の課題が解決できなければ2025年以降、最大12兆円/年の経済損失が生じる可能性があると試算しています。DXを推進するためにはRPAやAPIによるシステム連携が必要です。不動産業界の情報流通を活性化させるその仕組みについて解説します。

セミナー名「不動産DXを推進させるAI・RPAによる業務自動化」

目次(抜粋)

  • DX=Digital Transformation
  • DXの達成度を測る「DX推進指標」
  • 2025年の壁
  • DX推進課題
  • DX推進要素
  • クラウド化のメリット
  • システムを組み合わせて業務解決させる事例
  • DXのための情報流通

仕様など

形式:
PDF
ページ数:
15ページ
容量:
5.0MB

お客様にお勧めの資料

資料だけではなく動画セミナーも視聴できます

【無料視聴】大塚IDオンデマンド動画

大塚商会が開催するセミナー動画や、製品・サービスの特長などが分かる動画を無料で視聴いただけます。お客様の業務やビジネスにお役立てください。

ページID:00199598

ナビゲーションメニュー