理想のテレワーク環境とは? リモートアクセスの課題

見えてきたテレワークの課題:リモートアクセス快適化

テレワークが普及する中、多くの企業で課題として見えてきたのが「リモートアクセス」の環境整備です。自社に合った理想のテレワーク環境を探ります。

[2021年 2月16日公開]

「理想のテレワーク環境とは? リモートアクセスの課題」:資料概要

コロナ禍で多くの企業がテレワークを導入する中、社外から社内へのリモートアクセスの整備が課題として見えてきました。リモートアクセスには主にVPNを利用した「社内LAN接続型」と「リモートデスクトップ型」の2種類がありますが、その両方の特長を併せ持つハイブリッド型の「どこでもコネクト」をご紹介します。

セミナー名「見えてきた課題【リモートアクセス】 自社に合った理想のテレワーク環境とは?」

目次(抜粋)

  • コロナ禍でのテレワーク・リモートアクセス
  • 「ハイブリッド型」どこでもコネクト
  • 回線・ネットワークの課題

仕様など

形式:
PDF
ページ数:
37ページ
容量:
9.7MB
関連するメーカー名:
大塚商会
関連する製品名:
どこでもコネクトリモート、どこでもコネクトライン:インターネット利用タイプ

お客様にお勧めの資料

資料だけではなく動画セミナーも視聴できます

【無料視聴】大塚IDオンデマンド動画

大塚商会が開催するセミナー動画や、製品・サービスの特長などが分かる動画を無料で視聴いただけます。お客様の業務やビジネスにお役立てください。

ページID:00200657

ナビゲーションメニュー