テレワークでの新たなリスクとは? セキュリティの課題

見えてきたテレワークの課題:セキュリティリスク対策

テレワークの推進で起きるセキュリティリスクについてまとめました。 ウイルス感染したPCの持ち込み対策に有効なセキュリティ製品や、ウイルス感染対策方法をご紹介します。

[2021年 2月16日公開]

「テレワークでの新たなリスクとは? セキュリティの課題」:資料概要

テレワークの利用が増加する中、課題の一つとして対策が急務となっているのが、テレワークのセキュリティリスクです。自宅ネットワークやFREE Wi-Fiなどネットワーク環境の脆弱(ぜいじゃく)性を突かれたウイルス感染も増加。これらのウイルス感染したPCの持ち込み対策には、セキュリティ製品の導入が有効です。

セミナー名「見えてきた課題【セキュリティ】 テレワークでの新たなリスクとやるべきセキュリティ対策」

目次(抜粋)

  • テレワークのセキュリティリスク
  • セキュリティ対策方法
  • 大塚商会のソリューションをご紹介

仕様など

形式:
PDF
ページ数:
32ページ
容量:
8.1MB
関連するメーカー名:
Fortinet、ハンドリームネット、ソリトンシステムズ、大塚商会
関連する製品名:
FortiGate、SubGate、NetAttest、NIASサーバー貸出プログラム

お客様にお勧めの資料

資料だけではなく動画セミナーも視聴できます

【無料視聴】大塚IDオンデマンド動画

大塚商会が開催するセミナー動画や、製品・サービスの特長などが分かる動画を無料で視聴いただけます。お客様の業務やビジネスにお役立てください。

ページID:00200658

ナビゲーションメニュー