小売店、不動産、飲食業で「伝わる」VR空間を活用

活用事例で分かる! VR空間が商品訴求と集客に貢献

コロナ禍でも効果的な情報発信ができる「VR」のビジネス活用が進んでいます。不動産の内覧からECサイトとの連携までVRコンテンツの活用法をまとめました。

[2021年 3月25日公開]

「小売店、不動産、飲食業で『伝わる』VR空間を活用」:資料概要

VR(バーチャルリアリティ)のビジネス活用が急増しています。当資料では、VRコンテンツの活用事例を豊富にご紹介。不動産での活用はもちろん、「バーチャル工場見学」や「工場案内のトレーニング」など「見せる」だけでなく情報を「伝える」ためのVRをコンセプトにしたソリューションをご紹介します。

セミナー名「バーチャル店舗で集客に貢献! 小売店、不動産、飲食業など360度画像、VRで店内、商品を見せて伝えて、競合に勝ち抜く。」

目次(抜粋)

  • エージェンテックの考えるデジタル化
  • 製品ラインアップ
  • コロナ禍で注目を集める「VR」
  • VRの活用イメージ(モデルルーム)
  • 「Smart360」について
  • Smart360の特長
  • ECサイトとの連携事例
  • VRコンテンツのさらなる活用
  • 「ABook360」についてご紹介
  • VRコンテンツの活用事例

仕様など

形式:
PDF
ページ数:
21ページ
容量:
3.1MB
関連するメーカー名:
エージェンテック
関連する製品名:
Smart360、ABook360

お客様にお勧めの資料

資料だけではなく動画セミナーも視聴できます

【無料視聴】大塚IDオンデマンド動画

大塚商会が開催するセミナー動画や、製品・サービスの特長などが分かる動画を無料で視聴いただけます。お客様の業務やビジネスにお役立てください。

ページID:00202862

ナビゲーションメニュー