課題の早期発見で工場をカイゼン! データ活用法

工場のスマートファクトリー化を目指したシステム導入

ものづくりの現場にも進む、デジタルデータ活用の波。工場内のデータを活用し、業務改善を行う「スマートファクトリー」の導入方法と活用事例をご紹介します。

[2021年 3月25日公開]

「課題の早期発見で工場をカイゼン! データ活用法」:資料概要

製造業の現場では、既存の環境を生かしつつ新しい技術を取り入れて、双方を有効活用するインフラ基盤が不可欠です。「HULFT」シリーズならファイル連携ツールを中心に、企業内・企業間におけるデータ・システム連携をサポート。「スマートファクトリー」を、短期間で実現します。

セミナー名「工場内のデータ活用による課題の早期発見でカイゼン! 短期間で実現するデータ活用方法」

目次(抜粋)

  • 1.お客様の課題
  • 2.導入事例のご紹介
  • 3.おわりに

仕様など

形式:
PDF
ページ数:
27ページ
容量:
2.3MB
関連するメーカー名:
セゾン情報システムズ
関連する製品名:
HULFT、DataSpider

お客様にお勧めの資料

資料だけではなく動画セミナーも視聴できます

【無料視聴】大塚IDオンデマンド動画

大塚商会が開催するセミナー動画や、製品・サービスの特長などが分かる動画を無料で視聴いただけます。お客様の業務やビジネスにお役立てください。

ページID:00202864

ナビゲーションメニュー