店舗だけじゃない! 電子棚札を活用したDX実現

効率&売上アップ! 電子棚札の機能と仕組みを解説

店舗の値札を電子化した電子棚札は、今や物流センター・飲食店などさまざまな活用シーンに広がっています。そんな電子棚札について事例とともにご紹介します。

[2021年 4月22日公開]

「店舗だけじゃない! 電子棚札を活用したDX実現」:資料概要

通信技術や電子ペーパー技術の発展により、これまで以上に管理の効率や表示機能の精度が向上した電子棚札。導入後、値札交換作業にかかる年53万時間を削減した大手家電量販店様もあります。このような導入事例をはじめ、安定性・パフォーマンスに優れた電子棚札システム『InforTab』の特徴や機能についてもご紹介します。

セミナー名「電子棚札(Electronic Shelf Label)を活用したDX実現のご紹介」

目次(抜粋)

  • 電子棚札(ESL)とは
  • 電子棚札の進化
  • 導入事例
  • 電子棚札『InforTab』
  • CREiSTとミライトテクノロジーズ
  • 電子棚札導入成功の秘訣

仕様など

形式:
PDF
ページ数:
24ページ
容量:
2.5MB

お客様にお勧めの資料

ページID:00208780

ナビゲーションメニュー